• ノートとタブレットとiPhone7sは共存可能な製品

    モバイル機器を複数所有するユーザーが普通になりました。
    かつては高級品だったモバイル機器も現在では極めて安価となり、ノートパソコンとタブレット、そしてiPhone7sの三つの製品を同時に所有するユーザーが多く現れました。

    一見、似たような機器を複数持つのは無意味に思うかもしれません。



    しかし、ノートパソコンとタブレットとiPhone7s、それぞれが得意分野を別々に持っており、状況とシチュエーションに応じて使い分けられるのです。
    例えば、テキスト入力が多い仕事はノートパソコンで、趣味の動画閲覧はタブレット、そして娯楽の音楽視聴やゲームはiPhone7sという風に見事に役割分担出来ます。


    それらをパソコン一台を行うと画面がウインドウで埋め尽くされますし、CPUやメモリにも負荷が掛かり、肝心の仕事の効率が落ちます。


    また、iPhone7sのアプリはPCソフト以上に使いやすくチューニングされていますので、SNSや地震速報、株価情報などを素早くチェックしたい時は、そちらの方が確実に便利なのです。


    そして軽くなったとはノートパソコンを寝室やソファーの上で使うのは、少々無理があるでしょう。

    T-SITEの情報を提供中です。

    その点、iPhone7sであれば手の中でパソコン並の情報検索が出来ますので、仕事や作業に疲れてリビングや庭でくつろぐ際は、片手で操作出来るモバイル機器の方が適しています。

    それぞれ三種の製品を上手く使いこなす事が現代人のスキルです。

    OSをそれぞれ揃える事で、ファイルやデータの同期が出来ますので、統一すれば更にスマートフォンの利便性がアップします。