• iPhone7sのブルーライトカットモードについて

    比較的新しいiPhone7sは、ブルーライトカットモードが利用できるようになっています。
    今までiPhone7sでブルーライトをカットするためには、液晶保護フィルムや個別のアプリの導入が必要不可欠でした。



    しかし、新しいOSに搭載されたNightShiftモードを利用することで、iPhone7s本体のみでブルーライトをカットできるようになりました。

    この機能を利用するためには、本体の設定から画面の表示と明るさを選択し、NightShiftの中にある色温度を暖かくすることでブルーライトをよりカットすることができます。


    この設定には、時間を指定する機能もあり、夜間だけの利用や当日中のみ有効にする方法もあります。しかし、開始時間より終了時間を1分遅らせる設定にすることでほぼ24時間毎日ブルーライトをカットした状態を維持することもできます。

    goo ニュース情報を見つけましょう。

    ただし、この機能の開始と終了時間前後には、徐々に色温度が変化する仕様になっています。

    そのため、iPhone7sを使用しない深夜に開始時間と終了時間が来るように設定することで、昼間など利用している間、常に一定の色温度を保つことができるようになります。


    また、iPhone7sにはローパワーモードが搭載されています。

    この機能は、CPUの処理速度を落として電池を有効に利用するモードです。



    その際に、アプリのバックグラウンド更新などの機能も制限もしくは停止します。

    今までこのモードを利用する際はブルーライトカットモードも解除されていましたが、最新のOSから併用できるようになりました。